【なぜ】平手友梨奈・演技下手?でも話題作出演。使われ続ける魅力とは?

平手友梨奈・魅力とは
スポンサーリンク

元欅坂46の不動のエース「平手友梨奈」さん。

その後の活動がなかなか軌道に乗らない櫻坂46とは対照的にCMにドラマ・映画など話題作に続々出演している彼女。最近では超人気韓国ドラマ「梨泰院クラス」の日本版リメイク「六本木クラス」の出演が決定!

しかし、世間の一部の評価では「演技下手」など、なかなか辛辣なコメントも。

それでも彼女が使われる理由を深掘りしてみました!

スポンサーリンク
目次

平手友梨奈はそもそも演技が下手なのか

過去の出演作品

時期出演作
2016.07徳山大五郎を誰が殺したか?(平手友梨奈)
2017.05残酷な観客たち(葉山ゆずき)
2018.09響-HIBIKI-(鮎喰響)
2020.10さんかく窓の外側は夜(非浦英莉可)
2021.04ドラゴン桜(岩崎楓)
2021.06ザ・ファブル殺さない殺し屋(ヒナコ)
2022.07六本木クラス(間宮葵)

2016年に欅坂46としてデビューして以降、並行して女優業も行ってきた平手さん。

「徳山大五郎を誰が殺したか?」「残酷な観客たち」は欅坂46メンバー21名が出演したドラマだが、2018年以降はピンでの活動を本格化。

2018年の「響」では第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。共演者からも「響そのものだった」という高い評価を受けています。

2020年に欅坂46を脱退後はその活動も加速。
主演クラスで注目作に続々出演している。

みんなの評価(否定派)

演技下手派の意見の背景にはセリフが棒読みであったりといった意見が目立ちます。
あと人気があるが故のアンチ的も意見が多いようです。

みんなの意見(肯定派)

肯定派にもやはり女優としての経験の低さや、セリフ読みに対してはまだこれからと言った意見はあるものの、それ以上の役の存在感や醸し出す雰囲気に対する賞賛が多い印象です。

特に共演者や監督からは高い評価を受けているようです。

「響」のセリフをしゃべられたその声を聞いたときに完全に「響」だなと思って。
難しい役ですよ、「響」という役は。
初日からもう完全に自分のものにしてたんで
やばいな すごいな。
一番弟子にしてもらいたい!

「響」で共演の高嶋忠伸さんコメント

モンスターだなって。
初めてお会いしたあと、スタッフのみんなに思わず言ってしまったほど。
なにがモンスターなのか、上手く表現できないっていうのが正直なところですが、ポロッとみんなの前で言ってしまった。
あえて説明するとしたら、年齢とかキャリアとか、そんなものを超えたオーラみたいなものを感じました

「ザ・ファブル殺さない殺し屋」監督江口カンさんコメント

ベテラン俳優や監督からのこの高い評価は素晴らしいですね。

年齢さえも超越してしまう存在であることは間違いなさそうですね。

伸びしろありだが下手ではない

平手さんの演技は下手ではないと思われます。

セリフの読み方など女優としての経験値を積み重ねることでまだまだ成長余地がありそうなことを事実です。現時点で雰囲気を含めた世界観をしっかり表現できている女優。

経験不足でもこの雰囲気をしっかりだせることは、むしろ将来有望な存在といえると思います。

スポンサーリンク

平手友梨奈の魅力は

独特な存在感と影

平手さんの魅力の1番はこれだと思われます。

抜群の存在感

若干14歳にしてサイレントマジョリティでデビューした時も一瞬で我々を惹きつける存在感を放っていました。
欅坂時代は全ての曲でセンターを務めましたが、明らかに他のメンバーとは異質の存在感を放つ彼女はセンターに置くしかなかったのだと思います。

他の坂道グループやAKBグループではセンター以外にも目が行きますが、彼女のファンでない私も欅坂のパフォーマンスの時は彼女を目で追ってしまっていました。

アイドルらしい可愛らしさもそこにはありますが、どこか「影」を感じる。
普通のアイドルにはない、その「影」による独特な「暗さ」にリアリティを感じ平手友理奈に引きつけられてしまうのではと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次